名古屋の結婚相談所 FOR MARRIAGE(フォアマリッジ)
IBJ日本結婚相談所連盟 優良加盟店
ハイステータス・セレブリティな会員様が多数在籍

ブログ

海外生活できる出会いのタイミングって?

2020.03.02 豆知識

名古屋駅直結 ★ 名古屋結婚相談所

IBJ正規優良加盟店

 ◆ FORMARRIAGE ◆

カウンセラーの今井真由美です(^^)

 

新型コロナウィルスの感染拡大でトイレットペーパーまでも無くなってしまいました💦

 

息子にドラッグストアにお使いを頼んだら、こんな画像が…💦💦💦😵

と言うわけで、買い物のついでもあり、コストコまで走り。。。🚗
1人一個制限なのに、帰りがけには売り切れに…人の不安の動力ってすごいものです。。。

マスクも困りますが、トイレットペーパーがないのは緊急事態ですね。。。

 

そんなとき…

カルフォルニア在住の友人よりこんな画像が!!😮

あちらのコストコのトイレッペーパー争奪戦の模様💦💦

日本のが意外とお行儀良いのかしら??😅

アメリカ人は楽天的なイメージがありましたが、こんな風になってしまうとは!
デマとは言われても、不安心理の方が優ってしまうって恐ろしい。。。

 

WHOのウィルスに対しての危険性評価をパンデミックの宣言ではないと言っていますが、もはやパンデミック寸前のように思います😖

 

この混乱状態。。。

私が2001年にインドネシア赴任したとき、情勢が不安定で外出禁止令が出たときのことを思い出しました。

「しばらく外出ができなくても困らないように一通りの日用品、食料を買いだめておくように!」との会社からの御達しに、頑張って日本食スーパーにいくと…

さすがにトイレットペーパーはありましたが笑、スーパーの棚のほとんどのものがなくなり、お米を求めて何軒ものスーパーをはしごしたものでした。

あちらは水道水が飲めないので、飲み水を何ガロンも注文し一部屋が水のストックだらけになり、1週間ほど外出ができない日が続きました。

今のようにインターネット環境も十分ではなかったので、スーパーでもらってきたチラシの裏面に両親や友人にぎっしり手紙を書いてファックスしていたのを覚えています。

夫も街の暴動やインフラの中、自分の仕事に慣れることで精一杯で何日も帰宅できなく、私は家にコミュニケーションもとれないメイドちゃんとぽつんと二人。インドネシアの右も左もまだわからなかった私には辛すぎて涙も出ない日々でした。

 

今思えば、こんな経験があったから一人で何とかする力・たくましさを身につけたように思います。

 

 

先週のブログ、「海外駐在員との結婚を考えている人へ」の続きです。

 

フォアマリッジに来られる方で、結婚したら海外で暮らしたい!というご希望の方は多くいらっしゃいます。

お相手を探されるときには「『現在』海外に住んでいる方」を検索されることが多いですが、できるだけ長く海外に住むことを希望されているならば、その探し方が違うんです!

 

登録されている海外にお住まいの方は、ほぼ駐在員です。駐在員はたいてい任期があり、多くが3〜4年です。

海外駐在の方が結婚相談所に入会されるタイミングで最も多いのは、赴任後1年から2年ぐらい。赴任先の仕事にまあまあ慣れたころ、夫婦揃ってや家族揃ってのパーティーも多いので、独りでいることに寂しさを感じるころです。

ただ、その時点で、残りの任期は1〜2年になっています。

ですから、お見合いをして、交際をして、結婚に発展しても、残念ながらそのまま海外で新婚生活を始めるというタイミングにはならないのです!

 

…といった理由で、出来るだけ長くの海外生活を送りたい方には「現在海外駐在をしている人」ではなく、「これから海外駐在をする予定のある人」とのご縁を探すことをお勧めします。

 

では、海外駐在をする予定のある人ってどんな人なんでしょう??

商社?銀行?メーカー?外務省?JICA?…様々です。

 

今回はトイレットペーパーの衝撃で前振りが長くなってしまいました🙏🙏🙏

次回はその辺りを掘り下げてみたいと思います。