名古屋の結婚相談所 FOR MARRIAGE(フォアマリッジ)
日本最大級の会員登録数を誇る
IBJ日本結婚相談所連盟 優良加盟店

ブログ

婚活男子へ…あの人が選ぶ本命男子になる為に!その①

2021.02.04 豆知識

名古屋結婚相談所

IBJ正規優良加盟店

FOR MARRIAGE

カウンセラーの諏訪です。

何度目かのデートで…

女性「私のこと…本当に好き?」

男性「えっなんでそんなこと聴くの?」

女性「だってあんまり会う時間を割いてくれないから……忙しいのは解ってるよ。。。」
このどこにでもあるような会話。

実は、女性と男性の時間に対する感覚が大きく影響しているのです。

特に“結婚時期“に関して男性は、20代、30代をひたすら一生懸命働いて、40代になってから経済力さえあればいつでも結婚できると考えている方が多くいらっしゃいます。

ところが、女性は、結婚後の出産そして育児などを考えると、20代、出来れば30代前半のうちには結婚したいと思う方が多いのが現実です。

こうした事もあり、おそらく、同じ20代、30代の時間の感覚は、具体的に女性の1時間は男性の10時間…に匹敵するくらい貴重なものなのかと思います。(おおよその肌感覚にはなりますが…)

例えば女性は、お出かけの時にメイクする時間だって必要。

お見合い時も勿論そうですが、同じ“2時間のデート“においても女性は、デートに向かう準備自体、男性よりも時間が掛かる訳です。

しかも、先述のように婚活期においては時間に対する意識が男性よりも数倍高い。

でも男性からすると、当然同じ時間会っているし、仕事が忙しいのを無理して会っているのに・・・なんで???と思う方もいるでしょう。

男性のあなた、“女性の時間の感覚“に寄り添えているでしょうか?

2人でせっかく作った週末やお見合いといった貴重なデートの時間、、、

女性に対しては、いくら尽くしても尽くし過ぎな事はないのでは…と思います。

そう、このくらいの“感覚“を持っていて「ちょうど良いバランス」の筈です。
デートの時間中は普段忙しい男性ほど女性時間に合わせ、自分が伝えている感覚の10倍くらいの愛情表現をする…くらいでちょうど良いのかもしれませんね。

あなたが、その方の“本命男子“になりたいのならば…なおさら…

ということで、本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

今月からのキャンペーン🔻