名古屋の結婚相談所 FOR MARRIAGE(フォアマリッジ)
日本最大級の会員登録数を誇る
IBJ日本結婚相談所連盟 優良加盟店

ブログ

価値観の違いって言うけれど…価値観が全く同じなんて人いるの?じゃあなんで違うの?

2021.04.29 気持ち

名古屋結婚相談所

IBJ正規優良加盟店

FOR MARRIAGE

カウンセラーの諏訪です。

価値観とは、広辞苑によれば…

「何に価値を認めるかという考え方。善悪・好悪などの価値を判断するとき、その根幹をなす物事の見方。」

とあります。

もう少し簡単にいうと、「その人が物事を良い(善い)・悪いと考えるときの基準」と言い換えることができるかもしれません。

価値観はつまり自分自身の内側にあるものなので、自分の価値観を知るには先ずは自分と向き合うことが必要になります。

ところが、現代はWeb、SNS、TV等々、他人発信の情報が溢れ、それらに触れるばかりの日常では、なかなか自分自身の内側に目を向ける機会が少ないのかもしれません。

自分を振り返る時間がないまま、気づけば他人発信の情報に振り回されてしまっている…

これが現代社会の特徴ではないでしょうか。

どうすれば他人発信の情報に惑わされず自分の価値観に基づいて行動できるのでしょう?

自分の思いに正直になるには・・・?

子ども時代にあなた…にヒントがありそうです。

子どもを見ていると、本当に自分の想いに正直です。

嫌なことには見向きもせず、好きなことにはとことん熱中します。

ところが大人になると、好きなことばかりやるわけにはいきません。

やりたくないけど、やらなければならない仕事だって出てきます。

おのずと“好きなこと“優先から“すべきこと“優先に切り替えていると言えそうです。

これはこれで生きる上では必要なことですが、すべきことだけの日々を過ごすと、自分が本当にやりたいことは何なのか、何にワクワクするのかすらわからなくなってきます。

つまり自分を見失いがちです。

心の声に素直に聴いて、やりたいと思えることを一つでも多くやって自分の価値観を発見し直してみましょう。

これらの事から価値観とは…“自分らしさを最も象徴するもの“と言えそうです。

ということは、様々な人間関係において、そもそも「価値観が全く同じ」などという相手はいないという所から相手との向き合いをスタートさせるのが正解だと言うことがわかります。

「違っていて当たり前」という認識こそが大事なわけです。

相手の言動に違和感を覚えたときこそ、「この人は何を優先してこのような行動をしているのか」ということに関心を持ってみましょう。(自分の心の声を聴く時のように)

行動の根底にある価値観が少しでもわかると、「価値観の違い」のポイントが明確になります。

だからたとえ相手が自分と真逆の価値観だったとしても、その人を否定する理由にはなりません。

「合わないな」ということはあっても、それは相手を否定することではないのです。

もしも価値観が違うことで衝突した場合、「お互いが歩み寄れるポイント」を探っていくことが大切です。

「違って当たり前」なので、どちらか一方に引き寄せよう、従わせようとするのではなく、お互いの違いを知って、必ず「お互いが歩み寄る」ことを心がけましょう。

まずはその違いをカバーできる何かを探すことが大切なのかもしれません。

そもそも「価値観」は100人いれば100通りなわけですから…

本日も最後までお付き合いいただき有り難うございました。