名古屋の結婚相談所 FOR MARRIAGE(フォアマリッジ)
日本最大級の会員登録数を誇る
IBJ日本結婚相談所連盟 優良加盟店

ブログ

婚活は結局は自分と向き合う事って…どゆこと???

2021.06.03 マナー

名古屋結婚相談所

IBJ正規優良加盟店

FOR MARRIAGE

カウンセラーの諏訪です。

例えば私どものような結婚相談所で婚活中の人をとってみても、やはりどうしても自分が選ぶ側だと思いがちの方が多いようです。

突然ですみません、もちろん結婚相手を探す際に…です。

大切な時間とお金を使っているのですからそういう発想になっても無理もないのかもしれませんが、どうしても選ぶ側意識が先に立つと、理想ばかり追い求める傾向が見えらます。

一つでも条件に合わない相手とは頑なに会おうとしない・自分の理想(条件)も頑なに下げようとしないといった状態では、成婚にいたらない可能性ばかりが高まります。

何が言いたいかというとつまり、あなた自身も選ばれる立場だ…ということに気付かない人は、なぜうまくいかないのかと苦しむことが多くなりがちですよということです。

理想と現実のギャップを埋めるカギは、自分自身を省みる(向き合う)ことにあります。

相手に条件設定する前に、謙虚に自分が相手に提示できる条件は何かを考えてみましょう。
(自己分析…自分自身の強み・弱みを知るために)

女性の場合であれば、例えば自分がほとんど働いていないのに相手に高収入を求めても現実的ではないかもしれません。

もし見つかっても相手から「収入面しか見ていないのでは」と思われてしまいます。

きちんと仕事をしている女性や、将来はパートに出て家計を助けたいという女性の方が、協力的というか…今は男性からの好感度は高いと言えます。

もちろん男性の場合も同様です。

美人で若い女性を追い求めてばかりいるよりも、自分の年齢や収入を冷静に分析して、見合う女性にアプローチする方が現実的だと言えます。(婚活における市場分析)

あくまでも“選ばれる側“であることを忘れては、婚活はうまくいきません。

多くのライバルの中から選ばれるためには、自分磨きをして自分自身をもっと魅力的に見せる必要があります。

男性なら、服装やヘアスタイルを若々しくする工夫をしたり、体を鍛えたりすることで、少しでも若い女性から選ばれる可能性が高まる努力をします。

女性の場合は、容姿的な部分以外にも礼儀作法や家事の能力などを高める努力をしてみるのはどうでしょうか?

ご自身の市場価値を高める努力をします。

努力が実り選ばれることが増えると自分に自信が持て、前向きな気持ちになれます。

すると出会いのチャンスは増え、成婚への道が開けます。

男性も女性も30歳を過ぎると、婚活はグッと厳しくなります。(20代と比べて)(人口問題研究所による)

もともと独身の男女が少ない上に成婚率も低いため、その中で理想の相手を探すのは至難の業といえます。

特に30代後半になると、成婚率は一気に低下します。

しかし、現実が厳しいのは誰にとっても同じことです。
皆同じ条件で活動しています。

理想に拘りすぎず、とらわれず、素直に自分を磨く努力をする(自分と向き合う)ことで、本当にあなたに合う相手に巡り合えるでしょう。

本日も最後までお付き合いいただき有り難うございました。