名古屋の結婚相談所 FOR MARRIAGE(フォアマリッジ)
日本最大級の会員登録数を誇る
IBJ日本結婚相談所連盟 優良加盟店

ブログ

知らないと恥をかく⁉️意外と知らない結婚のあれこれ①

2021.05.31 豆知識

🚇名古屋駅直結🚇

名古屋結婚相談所

IBJ正規優良加盟店

 

◉ FOR MARRIAGE ◉

カウンセラーの今井です

 

恋愛も結婚も十人十色!

 

一般的に正しいと言われていることが皆に当てはまるわけはありませんので、ご自分の納得いくよう、自分らしく結婚に向かっていただきたいと思っています。

頭でっかちになり過ぎず、「こうした方がいい」という情報はあくまでも参考程度にしていただくのがよろしいかなと思います。

 

とはいえ…

 

結婚は”おままごと”ではないですし、親族を巻き込んでの一大イベントです。

結婚するお二人が良ければ周りのいうことなんで関係ない!は違うと思うのです。

大人の常識を持って向き合っていただきたいのです!

 

それが特に言えるのは、二人でする恋愛以上に、結婚までの流れ。

 

 

古くより『しきたり』というものがあります。

「いまどき、古くさっ!」と思う方もいるかもしれませんが、これが案外、結婚後のお二人がより幸せになれるかか?不幸の始まりになるか?の鍵を握っていることでもあるのです。

 

名古屋特有の文化から「名古屋嫁入り物語」で有名になったここ名古屋が異常なことではないんです!

全国仲人交流会情報でも、婚約前の『釣書交換』は名古屋より関西の方が多いですし、『結納』の持っていき方の粗相で破談になる話もこれまた意外にも名古屋より関西の方が多いんです!

土地土地の特有の文化がありますので、「郷に入っては剛に従え」というように、土地に合わせた”大人な振る舞い”を必要とされるのも『結婚』です。

 

知らずにできないのと、知っているけどしないのは大違い!!

 

男性も女性も恥をかかない程度に知っておくの

も、婚活中の勉強の一つだと思います。

 

 

そこで、今回と次回で、知ってるようで意外と知らないプロポーズ後の結納についてお話ししたいと思います。

 

 

誰もが基本的には一生に一度しか経験しないことですし、結婚前の男女は、教えてもらう機会がなければ、知らなくて当然なのかもしれません。

 

先日、秋に結婚を控えた息子さんをお持ちのお母様が愚痴っていました。

「本人同士のことだけど、息子なんて親に報告もなく、勝手に話を進めて、彼女の言うがままに結婚式の式場選びから始めてると言うから、『結納は?』って聞いたら『そんなめんどくさい事、ナシでいいでしょ?』なんて言うから、我が息子ながら呆れて開いた口が塞がらなかったわよー!!」

と。

 

そうなんです!

これ…大問題なのです!!!

実際に、これをしてしまい、破談になったカップル報告を仲人の会でも何件も聞いております。

 

 

「結納」とは、どんな儀式かご存知ですか?

結納とは男性と女性の婚約を両家の間で確認し、成立させるための伝統的な儀式です。プロポーズは言ってみれば口約束なので、それを正式にするものとなります。

 

ここで、重要なのが男性の振る舞い!

 

「結納」は両家の事ですので、両家の意向を確認し、どのように行うかを調整することから始めます。

その前に…

「結納」をするかどうか以前の問題として、「結納を行いたい」と申し出るのは男性側の役目であることを忘れないでください!

女性側から何も言われないからと放置したり、男性側から「結納は堅苦しいのでやめましょう」などの発言はタブーです。

「結納」は大切な娘さんを嫁に出す女性の親御様に対し、男性は誠意を表す場でもあるからです。

それを知らない男性も女性も多過ぎます!

 

 

知らないって怖いですよね💦

こんなちょっとした事でも、知っているか、知らないかで、結婚生活後の親戚付き合いが大きく変わりうる事なのです。

 

 

婚活中はもちろん、会員様が結婚後もより多くの幸せが待っているようサポートしていくことも私たちカウンセラーの務めだと思っております。

この場を借りて、出来るだけ多くの知っているべき「しきたり」をお伝えできれば!と思っております。

 

 

今回はこれくらいで、次回も引き続き、意外と知らない「結納」のあれこれを!

 

今日も最後までお付き合いありがとうございました😊