名古屋の結婚相談所 FOR MARRIAGE(フォアマリッジ)
日本最大級の会員登録数を誇る
IBJ日本結婚相談所連盟 優良加盟店

ブログ

ひょっとしたら貴方のLINEの送り方”オジサン”かもしれません⁉️

2021.07.12 豆知識

🚇名古屋駅直結🚇

名古屋結婚相談所

IBJ正規優良加盟店

 

◆ FOR MARRIAGE ◆

カウンセラーの今井です

 

 

 

 

カウンセラーをしていると、幅広い年齢層のお客様と接することが多いので、お客様に合わせてフレキシブルに対応できるよう、いつも世の中の情報にアンテナを張るよう心がけています。

政治経済、世界情勢など難しい情報も必要なのでしょうが、案外くだらないようなことの方が役立つ事の方が多いものです。

 

 

最近、テレビでもよく話題になる『LINEの絵文字』

私も会員様にLINEを送るとき、絵文字を使った方がニュアンスや感情が伝わりやすいかな?と思い、ほどほどに絵文字を使うことが多いのですが…

どうやら、絵文字の対応や使う絵文字のセンスによっては「オジサン認定」されてしまう場合があるそうなんです💦

若者の中では「オジサン構文」と呼ばれる、おじさんが女性に送りがちな文章をあえて使って遊ぶことが流行っているとか😆

絵文字を使うor使わないよりも、使い方に世代間ギャップが生まれつつあるのかもしれませんね。

あまりにも年が離れた恋愛は稀ですので、同世代ならそこまで気を遣う必要はないかもしれませんが、少なくとも「オジサン認定」はされないよう気をつける必要はありそうです!

 

 

 

結婚相談所における恋愛に限らず、気になる相手との距離を縮めるツールに最近は、Eメールというよりチャット感覚でやりとりができる【LINE】は欠かせないものとなりました。

お相手との距離を縮めるのに良いツールなのですが、使い方を一歩間違えると逆効果となりますので、最低限のマナーは押さえておく必要があります。

 

気になる相手とLINEを通してコミニケーションをとっていくには、送る頻度や文章の長さ、ノリなど、何に関しても「相手に合わせること」が大切です。

 

例えば、あなたが1日に何回も連絡を取り合いたいタイプだとして、相手はあまりマメではなく「1日で1回で十分!」と思っていたとします。この時、あなたが相手の考えを無視して、1日に何度もLINEを送ったり、返事を催促したりすると相手はあなたを鬱陶しく感じるようになるでしょう。

相手の頻度や長さに合わせていくことで、このような事は避けられます。「相手に合わせる」ということが基本となります!

うまく相手に合わせてLINEのやりとりをしていくためには、まずは相手のLINEのペースやテンションをつかむことが大切です。

まずは、絵文字の使い方、LINEの口調、文章の長さなどもまずは相手と同じようにしていくと、失敗は起こりにくいでしょう。

 

あと、最近の傾向として、Eメールで送るような長文は避けた方がいいです。内容は簡潔に!話が長くなりそうな場合は、いくつかに切った方が相手が読みやすいかもしれません。

長文はそれほどまだ親しくない間柄ですと、気遣って同じ位のボリュームの返事をしないといけないかな?と一つずつの返事に気を遣い過ぎて、終いにはやりとりするのが負担になってくる場合があります。

 

他に、チャットのように話を続けていたら盛り上がり、ついつい長話になってしまった💦ということもあるもしれません。お互い次の日のお仕事に影響が出てもいけませんので、「すみません!こんな時間ですね!明日お仕事あるでしょうから、また明日にでも!楽しかったです!」など、いくら楽しくても常に相手を気遣いながら状況を考えた”大人な行動”を心がけましょう!

 

LINEは顔が見えないコミニケーションです。会って話す時以上の注意と気遣いが必要だと言うことを心得ておくといいですね。

 

ご参考まで😊